熊本県の公立高校は、数学と英語が選択問題AとBに分かれている

今回は、熊本県の公立高校における数学・英語の特殊事情ということでお話してみたいと思います。熊本県の場合、公立高校の入試問題が他の都府県と比べても少し変わった特徴があります。それは、受ける高校によって選択問題Aと選択問題Bというように問題が違うということです。大問の1から3までが共通の問題で大問4と5がA選択またはB選択といった感じです。
熊本市内で言えば、千原台、湧心館、熊本農業が選択問題Aで、それ以外の高校はすべて選択問題Bとなっています。(郡部の学校は普通科がBそれ以外はAが多いです)
難易度的には、選択問題Bが難易度が高く、Aが易しめです。
で、問題を見てみるとわかるのですが、選択問題Bは非常に難しいです。
数学の問題で、正答率が5%という問題が普通にあります。

選択Bは問題の難易度が高いので対策が必要

ですので、選択問題Bの学校(熊本市内の普通科の学校+熊工、熊商など)は、そのあたりをしっかりと対策をとっていかねばならないということになります。今まで学校の中間期末テストや実力テストレベルに慣れきって、いざ入試レベルの問題を解いてみると、今までと違う点数を取ってきて愕然とするということはよくあります。特に数学と英語に関しては顕著で、それはひとつは選択問題Bがあるという事情からきています。